尾てい骨骨折治療専門サイト

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンドオピニオンの活用

今回、尾てい骨骨折をしてみて感じたことがあります。
それは、セカンドオピニオンの活用です。

 

セカンド・オピニオンとは

セカンドオピニオンとは、今受けている治療法が納得できない場合に他の病院に行き、意見を聞いたり、治療法を聞いたり、確かめるというのが、本当の意味のセカンド・オピニオンです。
つまり、医師の意見を聞くという行為です。
そのうえで、自分の納得のいく病院に転院して、治療してもらうと良いでしょう。

 

通常の治療法にセカンド・オピニオンを活用することに限らず、後遺症による症状での疑問や質問などでもセカンド・オピニオンを活用することは可能です。

 

 

セカンド・オピニオン活用法

セカンド・オピニオン新しい病院に向かう際に、準備しておいた方が良いことがあります。

  • 質問したいことを整理しておく(メモ書きを準備等)
  • 自分なりに予備知識を得ておく
  • 前の病院の資料やデーターなどを準備出来たら用意する
  • 前の病院の先生とは違う考え方を持った人がベスト
  • 前の病院の先生にセカンド・オピニオン先で得た内容を話し、どう応えるか見解を伺う

 

これらを実践活用するには、本音で語れるコミュニケーションの雰囲気が重要ですので、混んでいない時間帯を避けて予約をした方がよいでしょう。

 

その際には、一言「セカンドオピニオンの見解を聞きたいので、本音で語りたいことを希望している」と伝えてから来院したほうがスムーズです。

 

また、もし友人や知り合いに医者がいれば、紹介してもらいましょう。

 

スポンサードリンク


 
HOME レントゲン写真(骨折時) レントゲン写真(1ヶ月) 骨折グッズ 尾てい骨とは