尾てい骨骨折治療専門サイト

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

尾てい骨骨折の種類

近くの病院に行き整形外科を受診。前もってネットで検索して予備知識を得ながらもしかしたら、
入院 → 手術になるかも…?と考えていました。
骨折の度合いによっては手術が必要だと、ネット情報を得ていたからです。

 

ネットでの予備知識では、

  • 「完全骨折」  とは  骨の連絡が完全に絶たれた状態
  • 「不完全骨折」とは  骨の連絡が部分的に保たれている状態
  • 「難知性骨折」とは  完治しにくい状態

と種類に分けられているそうですが、
この中で私は、「不完全骨折」にあたります。

 

私のレントゲン写真をご覧ください。
青たん箇所の内出血部分がかなり痛かったので、仙骨部分にヒビは入っていませんか?と尋ねると、
あんなに痛いにもかかわらず「大丈夫!ヒビははいっていません」と診断されました。
きっと、ヒビなどが入っているのではと思っていたのですが… 仙骨部分は打撲という診断でした。

 

今回、「尾てい骨のみの骨折」でしたが、先生に尋ねると、
完全に折れた場合でもヒビの状態でも、同じく骨折 と医学的には言うそうです。
「ひび」というのも骨折の部類なんですね。

 

今回私は、尾てい骨骨折なので、腕や足などの骨折とは治療法が異なると先生に言われました。
医師の診断は、「尾てい骨骨折」 「手術必要なし」 「入院必要なし」

 

私のレントゲン写真です。 ↓
尾てい骨骨折の種類(レントゲン写真画像付き) - 尾てい骨骨折治療ガイド
左右に広範囲のしみのような部分は内出血箇所です。
この内出血が無くなるまで3か月くらいかかりました。

 

尾てい骨骨折の種類(レントゲン写真画像付き) - 尾てい骨骨折治療ガイド
横から撮影したものです。
横からの方が骨折箇所がわかりやすいと思います。

 

 

今回レントゲン写真を撮ったことにより、15年前の骨折箇所が明らかになりました。
その時は、病院に行かず自然に治したのですが…
ふと、今回の治療はどうなるんだろう?と…

スポンサードリンク


 
HOME レントゲン写真(骨折時) レントゲン写真(1ヶ月) 骨折グッズ 尾てい骨とは